FC2ブログ

東京視力回復センター 渋谷

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視力が低下している人は目を細めると一瞬、物がはっきり見えるようになります 

 その理由は、カメラの仕組みで説明ができます。
ピンホールカメラは、四角い箱にごく小さな穴を開けた、レンズのないカメラです。
しかしこの小さな穴によって、遠くから近くまで広範囲にピントが合うのです。
普通のカメラでも、レンズを絞り、光の通過する穴を小さくすると、遠くから近くまでピントの良い写真が撮れます。
同じように、近視の人に黒い紙に開けた小さな穴から視力表を見せると、かなり小さい視標まで見えることがあります

 このように目を細めることにより、近視も遠視も焦点の位置は変わらないのですが、
焦点の前後にある光の束が細くなり網膜で焦点が合います
これによりいつもより見える状況を作りだすのです。
よって目を細めれば細めるほど光が細くなり一時的ですがいつもより見えるようになります

 但し、これは何の解決にもなっていません
目つきが悪くなったり、目の疲労の原因になるので、癖にならないように気をつけましょう

 そもそも、正常な目の人は網膜にピントが合っているため、
目を細めると逆に暗くなって見にくくなります。
もし目を細めると、ものがハッキリ見えるようでしたら、早めに検査を受けて、視力低下に気付き、
トレーニング等に取り組むことをオススメします


スポンサーサイト
トラックバック URL
http://tskcshibuya.blog137.fc2.com/tb.php/8-07f1b2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。