FC2ブログ

東京視力回復センター 渋谷

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼の成⻑期に紫外線が与える影響

子どもの視力は、生まれてから6〜7年かけて、ものを見ることによって発達します。生後1〜2ヶ月くらいまでは、動くものがやっと分かる程度。平均視力は、1歳で0.3、2歳で0.6、3歳で0.8、4〜6歳で視力が1.0以上になり、6・7歳でほぼ眼の機能が完成します。成⻑過程にある子どもが紫外線の影響を受けると、大人以上に視力低下や視力障害、眼の疾病などのリスクが大きくなります。とくに近年では、わが国でも紫外線量が増えているため、ますます注意が必要です。 紫外線によるダメージは、生涯にわたって蓄積されていきます。とくに高校生くらいまでの間は、外での遊びや体育、遠足、部活など戶外活動が多く、「生涯浴びる紫外線の半数は18歳 までに浴びる」といわれるほどです。WHO(世界保健機構)からは、子ども時代に浴びた紫外線は、眼のダメージはもちろん、日焼けによる後年の皮膚がんや免疫系の機能低下を引き起こす原因になるという発表もありました。子どもの頃からの紫外線対策は、今や世界的にも重要な課題といえます。

渋谷センタートレーニング曜日・時間
○水・ 金曜日 12:00~20:00 (昼休み13:30~15:00)
●日曜日     10:30~18:00 (昼休み13:30~15:00)

7月の受付変更とお休み
●7/4 (水)15:00~20:00
●7/13((金)  お休み となっておりますのでご注意下さい。

渋谷駅周辺は現在開発工事の為、駅からセンターまでの道が分かりづらくご迷惑をおかけします。
地下出口16Ⅽ を目指してご来所下さい。(渋谷警察署前に出ます)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。